2009年06月01日

言葉は以外に不自由かもしれない・・・【元国際結婚主夫ニッキーの懲りない日記】

国際結婚・結婚

どうも!!
国際結婚主夫のニッキーです。

この肩書きも5月27日でちょうど1ヵ月になりました(笑)

さて、ぼく達は普段生活をしている中で、ほとんどのコミュニケーションを言葉か文字に依存していると思います。

日本語、英語、スペイン語、ロシア語など状況や立場、国籍の違いによっては色々あるかとは思いますが・・・

普通に生活をしていて、また仕事をしていて適切な言葉が思い当たらなくて不自由を感じることってありませんか?

違う切り口から言うと、人間は全ての感情を言葉で表現することは出来るのだろうか?

もしくは、全ての感情と同じだけの言葉が存在するのだろうか?
最近はそんなことをつらつらと考えています・・・



・・・・・・



・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・


国際結婚・結婚



例えば、人の好き嫌いを表すときに、こんな会話をした経験はあなたにもあると思います。

例えば
Aさん『ニッキーさんって、いい人だよね?』
Bさん『うん、私もそう思う!結構タイプだし、好き!』

とか(笑)

Cさん『ニッキーみたいなヤツはサイテーだよ!』
Dさん『私も嫌い・・・』

など(泣)

Eさん『ニッキーさんって、どう?』
Fさん『べつに〜、ふつう・・・』

好きと嫌いを表す言葉でさえこんな感じです。
もちろん、すごく好きとかちょっとだけ嫌いとか、程度を表すことはできても、一言で表すとなると、とたんに言葉の制約という壁にぶつかります。

国際結婚・結婚

そうすると、だいたいお約束のパターンは減点法で人は人を裁きはじめます。優しい人なんだけど、洋服のセンスが嫌い・・・

とか、

スタイルいいけど、性格が悪いよね・・・

など、

白でもない黒でもない、
そういう微妙というか、曖昧な部分が思考や感情には多く存在すると思います。

というより、その部分が大半を占めていると想像した方が、現実的かもしれません。

国際結婚・結婚

この【元国際結婚主夫ニッキーの懲りない日記】を読んで頂いている方はもうご存知だと思いますが、4月27日付けでぼくは離婚しました。

カミさんが嫌いで嫌いでしょうがない・・・
そういう理由で離婚したわけではありません。

ある程度、自分の感情を押し殺していれば、お互いまだまだ国際結婚生活を続けられたと思います。

ぼくが27歳、カミさんが18歳。約5年付き合って、その後10年間の夫婦生活を送りました。

自分はこのままでいいのだろうか?
だんだんと、自分の居場所ではないような気がしていました。

カミさんにはいい迷惑だったかもしれません。
10年も結婚生活を送れば、あとはいかに安定した生活の基盤を作ろうかと模索するのが、結婚生活では理想的だと言われているのに・・・

国際結婚・結婚

ぼくはどうも、子供の時から一般的とか、普通とか、安定という場所とか状況に長くいると、居心地の悪さを感じていたたまれなくなります。

さて、今の心の状態を言葉で表すとなると、やはり言葉の制約があります。離婚して、スッキリしたという感情もありますが、心に大きな穴があいたような感情もあります・・・

寂しさともちょっと違うような気がします、

自由を得た気分もありますが、どうしようもなく不自由な感情も感じます。

どこまで行っても矛盾して、
いつまで経っても曖昧な気持ちです・・・

国際結婚・結婚

先日、半蔵門線に乗っていて急に誘われるような気がして、九段下駅で降りて靖国神社へ行ってきました。

今回で4回目だと記憶しています。
戦争や靖国神社参拝の是非といった部分はちょっと脇に置いといてください・・・


・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


国際結婚・結婚

靖国神社の中には遊就館という建物があります、
中国の古典、『荀子』勧学篇「君子は居るに必ず郷を擇び、遊ぶに必ず士に就く」から「遊」「就」を撰んだものです。

国のために尊い命を捧げられた英霊のご遺徳に触れ、学んでいただきたいという願いが館名には籠められているそうです。

その中で靖国の神々というコーナーには、特攻隊員の方々の遺書や遺品が展示されています。

そこに行くと、ぼくはもう涙が止まらなくなります、
写真の一枚一枚、
家族や肉親に宛てて書かれた遺書を読むと、本当に本当に胸が苦しくなります・・・

ぼくの直接の肉親や親類はいないかもしれません、
悲しみともちょっと違う気がします、

喪失感とでもいうのでしょうか?
ある種のやるせなさ・・・

確かにその時に、確実にある感情が存在したのは間違いありません。

しかし、その感情を表す一言がありません。
ピッタリとはまる言葉が出てきません・・・
けれどその表現できないぼくの感情ですが、涙が表現してくれていました。


国際結婚・結婚

感情が言葉にならないとき、
人は笑い、時に人は泣くのかもしれない・・・

笑うということや、泣くということは、
言葉の制約や頼りなさを補ってくれているのかもしれない・・・



・・・・・



・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



国際結婚・結婚

オレは漂って(ただよって)いるのだろうか・・・

それともただ酔って(ただよって)いるだけなのか・・・


魂が自由であるならば、言葉は必要ないかもしれない、
精神が高ぶるなら、言葉を超えるかもしれない、

今世人間に生まれて、豊かな人生を送りたいならば、豊富な語彙はあなたやぼくの助けになるかもしれない・・・・



・・・・・



・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・



さ〜て、今日はどんな本と出会えるかな?



元国際結婚主夫のニッキーでした!

国際結婚・結婚

P.S
最近ハマっているのが、映画監督でもあり作家の森 達也さんの書籍です。独特な視点からの切り口は、あなたをきっと、別の視点から思考することへの道を切り開いてくれるでしょう・・・
特に、『世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい』はオウムや 9.11を主なテーマとして取り上げていて、ぼく自身今まで気づかなかった視点から、考えることができるようになってきました。


国際結婚・結婚

P.S 2
5月31日で43歳になりました。たくさんの方々からお祝いして頂きました。本当にうれしかったです。ありがとうございます、本当にありがとうございます・・・


人気ブログランキング応援、お願いします!

ブログ村応援もポチッっと(笑)

posted by ニッキー at 14:31 | Comment(20) | TrackBack(0) | 元国際結婚主夫・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

本は買うもの? 出合うもの・・・【元国際結婚主夫ニッキーの懲りない日記】

国際結婚・画像

こんにちは、
国際結婚主夫のニッキーです。

梅雨になり、雨が続きますが、
あなたの調子はどうですか?

ぼくは静かに絶好調です(笑)

なんかこう、嵐の前の静けさというか、
大ブレイクの直前というのか・・・

(^-^)/ 『ねえねえ、ニッキーさんが大ブレイクするの?』

ニッキー『それは○○○だから、ここでは言えないよ〜(笑)』

さて、今回は本を買うという行為について話していきたいと思ってます。あなたにとって、本を買うという行為は、どんな意味がありますか?

お金を支払って、本を買うという行為は商行為の一つだと言えるでしょう。その部分に於いては、ぼくも例外ではありません。

また予め目的を持って本屋へいく場合もあれば、事前に欲しい本をチェックして買いにいく時もあります。

けれど、最も多いパターンはフラフラと本屋へ行くことです。すると、まるで呼ばれるかのようにあるコーナーへ向かいます。そこで、無意識のうちに手にした本をペラペラめくると、そこにちょうど欲しかった答えやメッセージに出会えます。

国際結婚・画像

その時に抱えていた、問題に関するヒント・・・

その時考えていたことに関する、一筋の光明のような文章・・・

そうそうそんなんだよと、自分の考えが肯定されているようなコメント・・・

そんな時は、一瞬のうちにその本と恋に落ちます、
その本と一気に結ばれるような感覚です(笑)

そういう時は、本当にゾクゾクしますねぇ・・・
エクスタシーと言っても過言ではないかもしれません。

また、面白いことに本との出合いも、リアル世界での出会いと同じように場数を踏めば踏むほどに・・・

また、経験を重ねれば重ねるほどその精度というか、ドンピシャの本とぶつかる可能性が高くなります。

自分の感性を刺激する、激しい出合いに遭遇します。

国際結婚・画像


ところで、健康維持するために食生活を気にする方は比較的多いと思います。では精神状態を良好にするために、情報の質を意識することはありますか?

普通に生活していると、おびただしい数の広告やマーケティングの情報に踊らされます。またネガティブなニュースや記事が垂れ流し状態です。

意識的に、それらの情報やニュースと距離を置かないと、どんどん暗い気持ちになってきます。

今日は何人殺された・・・
とか、

詐欺の被害に遭った・・・
とか、

事故だ不況だリストラだ・・・

もしくは、マンションを買え!

自動車を買え!

ビールを買え!

もう至る所で、広告、宣伝、メッセージが溢れています・・・
消費活動を煽られます。

その結果、無意識のうちにお金の不足感に襲われたり、買えない自分が惨めに思えたり・・・

国際結婚・画像

そういう日々の中、自分を元気付けてくれる本、

自分を励ましてくれる本、

本来の自分自身を取り戻せるヒントをくれる本、

そんな本に出会えたり、または手元にあればラッキーですよね・・・




・・・・・




・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・




あなたは最近ステキな本と出合いましたか?

ぼくに教えてください、あなたのステキな本を・・・

ぼくは昔買った、渡辺淳一さんの反常識講座を最近読み返しています。

住むなら猥雑な都会、

軽率になって恋をしよう、

ゴマすりも美徳、

一夫一婦制が崩れるとき、

年をとるほど不良になれ、

などといった、反常識的なテーマが溢れている痛快な本です(笑)




国際結婚主夫のニッキーでした!


国際結婚・画像

P.S
おかげさまで、このブログ今回の記事で100記事になりました!
結構飽きっぽいタイプのぼくですが、このブログだけはまだまだ飽きていないので、もう少し続けられそうです(笑)

今後とも応援よろしくお願い致します☆

国際結婚・画像

P.S 2
この前、赤坂の韓国マッサージへ行きました。1時間のコースで1万円支払いましたが、なぜか2時間も無料で延長。ツイてる!

カタコトの日本語で、韓国のオモニが、
『アナタ ヒドイ ツカレアルネ』を連発されグリグリやられました。

途中で漢方系のお茶を飲まされ、サウナ室のような高温の場所に30分閉じ込められました(笑)

そして、元国際結婚主夫ニッキー初体験のカッピング・・・
カッピングとは、ガラス製や陶磁器製のカップを背中に置き、真空状態にして吸引する「カッピング」は韓国に古くから伝わる伝統療法です。

吸引することによってツボを刺激し、血液やリンパ液などの滞りを改善します。

施術直後は、カップを当てた部分に丸い紫色の痕が残りますが、老廃物がたまっている場所ほど、その色が濃く残るそうです。

血液の滞りが肌の表面に表れ、この紫斑の色によって体の悪い部分や健康状態が診断できるので、ちょっとした健康チェックとして利用する人も多いとか。

血行や新陳代謝を促進するほか、神経痛や肩こり、便秘、生理痛にも効果があるといわれています。

その日は、もうヘロヘロで1日ぼーっとして、体に力が入りませんでした。

その時についた紫色の痕がまだ残っています(笑)
カムサ ハムニダ



人気ブログランキング応援、お願いします!

ブログ村応援もポチッっと(笑)

posted by ニッキー at 23:58 | Comment(16) | TrackBack(0) | 元国際結婚主夫・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。